映像部スプロケッツ

SPROCKETS

豊富な経験をもつキャメラマンがクライアント様の意向に沿った映像を実現します。
時代とともに進化を続ける映像技術に対応できるよう、常に新たな技術の習得に力を入れており、様々な状況に合わせた「機材の選択」「臨機応変な判断」で現場のニーズにお応えします。

最近の主な撮影物件

Works

  • ・白岳しろ「クールショットキャンペーン」
    ・パチンコ「エンペラー」
    ・新産住拓2015CM
    ・エコワークス~LOHASな暮らし
    ・鮮興ファーム~鮮馬刺しSQF2000篇
    ・KAB「25歳シリーズ」

  • ・九州看護福祉大学CM
    ・オートベル「新車のような中古車篇」
    ・県民共済CM~3タイプ
    ・熊本市家庭ゴミ減量CM「スザンヌ篇」
    ・アンピール新水前寺イメージCM
    ・2015めがねのヨネザワイメージCM

  • ・県民百貨店ラストCM
    ・グリーン農業商品キャンペーンCM
    ・パチンコ「シルバーバック」
    ・ホワイト急便CM
    ・黒川温泉「奥の湯シリーズCM」
    ・RKK「Rあるガールズシリーズ」

機材リスト

Equipment

[撮影機材]

カメラ
・SONY XDCAM PXW-FS7K (4Kカメラ)
・SONY XDCAM PXW-X160(SDカード収録可)
・SONY XDCAM EX PMW-EX3
・CANON EOS 5D MARKⅡ
・CANON EOS 5D MARKⅢ
・CANON EOS 7D MARKⅡ

三脚
・SACHTLERスタジオⅡ(7×7)150Φ ビック ベビー ハイハット
・SACHTLERパノラマ7(7×7)100Φ ビック ベビー ハイハット
・MANFROTTO509HD

レンズ
・FS7付属ズームレンズ(Eマウント、35mm判換算40~200mm、開放F値F4)
・CANON EF 16-35mm F/2.8L Ⅱ USM
・CANON EF 24-70mm F/2.8L USM
・CANON EF 70-200mm F/2.8L IS USM
・CANON EF 24-105mm F/4L IL USM
・エクステンダー EX2×Ⅱ
・METABONES EF(Eマウント→EFマウント)
・FUJINON XS8X4AS-XB8(EXマウントショートズーム)
・ACM-21(EXマウント2/3’変換アダプター)

OTHER
・FS7用拡張ユニット:XDCA-FS7
・4Kレコーダー:ODYSSEY7Q+
・マットボックス一式
・フィルター:ND 4×5.65(0.3、0.6、0.9)
       BP 4×5.65(1/2、1/4、1/8)
       ND77mm(ND4、ND8) ND82mm(ND2、ND4、ND8)等
・スライダー:VARAVON SLIDECAM S1500(1500×47)

モニター
・SONY 17インチHDモニター(LMD-1750W)
・SONY 9インチHDモニター(LMD-9050)
・HD波形&ベクトル(LEADER LV5750)
・MARSHALL 7インチモニター(V-LC70XP-3GSDI)
・CINEROID EVF4RVW(HDMI入力/HD-SDI入出力)

[音声機材]

ミキサー 
・FS-40X(4CH)

マイク
・MKH-416 P48U ×2
・RAMSA WX-DR130
・RAMSA WX-DT130 ×2
・SM-63LPCM

レコーダー
・TASCAM DR-60D
・ZOOM H4N

[照明機材]

・TOSHIBA UNIFOCUS 1000 ×3
・TOSHIBA UNIFOCUS 650 ×3
・YONGNUO YN900 LED ×3
・12×12
・6×6
・各種フラッグフレーム
・40"センチュリースタンド
・20"センチュリースタンド 等

[機材車両]

・レジアスエース(5人乗り)

[代表プロフィール]

山野道郎
1957年(昭和32年)3月7日菊池郡大津町生まれ。
「県立大津高校」から「横浜放送映画専門学院」(現日本映画大学)へと進む。
卒業後、熊本放送関連の映像制作会社「ABC映画社」入社。
テレビ局の取材、PRフィルムの撮影などで修行を積む。
その後本格的なコマーシャルフィルムの撮影を志し7年間勤めたのち退社。
フリーランスの撮影技師として熊本で活躍する一方、福岡でフィルム撮影の助手として更に修行を積む。
平成8年、妻である山野蕗子と共に有限会社山野事務所として映像部門(スプロケッツ)とスタイリスト部門を立ち上げ、現在に至る。

 

法令遵守について 会社概要 お問い合わせ サイトマップ